毎日自宅でおいしい水が飲める浄水器|ミネラル成分が豊富

レディ

電気を熱に変える暖房器具

女性

発熱体と暖房効率の違い

部屋全体を温めるような暖房器具としてはエアコンや石油ファンヒーターなどが多く使われていますが、それらの機器は狭い場所での使用に向かない面もあります。その点で電熱ヒーターは電気を使って熱エネルギーを発生させる単純な構造をしており、局所暖房に適した最も手軽な暖房器具です。部屋全体を温める用途には向きませんが、価格も安価な製品が多いことから補助暖房器具として多く利用されています。電熱ヒーターには方式の違いによっていくつかの種類がありますが、いずれも基本的には何らかの発熱体に電気を通して赤外線を発生させる構造です。最も古くから使われていた石英管ヒーターはガラス管を絶縁体としてその内部にニクロム線コイルが内蔵されており、電気抵抗によって赤外線が発生します。この赤外線が人体などの対象物に吸収されると熱を生じることから、部屋の空気が温まる前に暖房効果を得られるのです。この暖房効率を高めるために発熱体などの構造を工夫した製品が多く開発されており、現在の電熱ヒーター市場でも主流を形成しつつあります。発熱体にハロゲンランプを使用したハロゲンヒーターは近赤外線領域の輻射熱を発生し、扇風機型の製品でも知られてきました。発熱体の素材に炭素繊維を含んだカーボンヒーターは遠赤外線領域の放射量がハロゲンヒーターの約2倍に達し、同じ消費電力でも暖房効率の高い点が特徴です。発熱体にセラミックを使用した電熱ヒーターは温風を出すタイプの製品が知られており、輻射式よりも高い室温上昇効果が得られます。このように電熱ヒーターにも発熱体の種類によってそれぞれ特徴があり、暖房効率が大きく改善された製品が多く登場しています。カーボンヒーターやセラミックファンヒーターの人気が高まる一方、安価な石英管ヒーターも依然として一定の需要があります。使用目的や設置場所に応じた最適な製品を選択することで、冬場の生活を快適にできるのです。